2008年07月17日

Bringing Back the Funk/Brian Culbertson

メンツ強力過ぎ。

Bringing Back the Funk

~ Brian Culbertson

Brian Culbertson(kb,Trombone, Trumpet,Vocals), Greg Adams(Trumpet), Gerald Albright(Sax), Derrick "D.O.A." Allen (Bass), Michael Bland(Drums), Lenny Castro(Perc), Bootsy Collins(Vocals, Space Bass), Phelps "Catfish" Collins(Guitar), Cora Dunham(Drums), Larry Dunn(kb), Sonny Emory(Drums), Maurice Fitzgerald(Bass), Dan Fornero(Trumpet), Kush Gardner(Trumpet), Rick Gardner(Trumpet), Larry Graham(Bass), Chance Howard(kb,Vocals), Ice Candi(Vocals), Paul Jackson, Jr. (Guitar, Vocals), Ron Jennings(Guitar), Ronnie Laws(T.Sax), Tony Maiden(Guitar, Vocals), Eric Marienthal(Sax), Eddie Miller (kb,vocals), Chris Miskel(Drums), Musiq (Soulchild) (Vocals), Monty Neuble (Kb), David Pack(Vocals), Maceo Parker (A.Sax), Ray Parker, Jr. (Guitar,Vocals), Darlene Perri(Vocals), Lori Perri(Vocals), Sharon Perri(Vocals), Ricky Peterson (Organ,Vocals), Morris Pleasure(Bass), Sheldon Reynolds(Guitar,Vocals), Tom Scott(Sax), Sam Sims (Bass,Vocals), Rhonda Smith(Bass), Sonny Thompson(Guitar), Lee Thornburg(Trumpet), David T. Walker(Guitar), Bobby Ray Watson(Bass),Fred Wesley(Trombone), Maurice White(Producer), Bernie Worrell(kb), Zion Planet 10(Vocals)

EW&FのMaurice Whiteがプロデュースだったり、Bootsy Collinsがいたり
いわゆるP-fUNK,Tower of powerの面々、JB'sのホーンズがいたり、なんじゃこりゃって感じ。

これはアーティスト本人の色ではなく、あくまでもプロデュースワークの勝利といった印象を受ける。

本人のキーボードの演奏は全曲通してスムースな甘い印象を持つが、楽曲ごとの参加メンバーによって見事にメリハリのあるものになっている。

そういった意味で超おススメ。




posted by YM at 17:14| 東京 ☀| レコメンド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。