2008年08月11日

ACROSS THE CRYSTAL SEA / DANILO PEREZ

Danilo Perez(p)のソロアルバム。

全編、クラウス・オガーマンのアレンジ、指揮でオーケストラも加わる。

オガーマンのファンとしては待望のオガーマンサウンド。

個人的にはオガーマンのソロ名義のものより、アーティストのサポートにまわる形のオガーマンが好き。(例えば、ビルエヴァンス、マイケルブレッカー、アントニオカルロスジョビン、マイケルフランクス)


彼特有の低めのフルートアンサンブル、色彩豊かな和声を配したストリングスがふんだんにこのアルバムに散りばめられている。

彼のアレンジは決して主役の邪魔をすることなく、しかし和声を支配している。

もちろん、主役のDANILO PEREZ も素晴らしい演奏をしている。

彼のピアノは優しい。


久々のオガーマン絡みの会心作。




posted by YM at 21:29| 東京 ☁| レコメンド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。