2008年10月10日

heard THAT / Jeff Lorber

いわゆるスムース系の先駆者であるジェフローバーの2008年作品。

スムース系のほとんどは僕にとって「ヌルい」印象を持つのだが、本家のサウンドは「Sweet」な部分と同じくらい「Bitter」を持ち合わせている。

一言でいうならば「Adult」という感じか。

すべてにおいてバランスがいい。

「打ち込み」と「生」の配分、バランス。

「ボーカル」と「バックトラック」のバランス。

ホーンの配し方も絶妙で、too muchでなく、しかもホーンの印象がちゃんと聞いた後に残る。

ある意味、どのアルバムでも同じようなサウンドなので昔からのサウンド構築法は変わっていないと思われる。

とにかく上質な音楽。






posted by YM at 12:51| 東京 ☀| レコメンド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。