2008年10月12日

TV収録&Mix2日目

今日は昼からCXにて「僕らの音楽」織田裕二さんの回の収録に参加。

ホーンは1曲のみの参加。

バンドメンバーは勿論のこと収録スタッフも顔なじみなので終始いい感じで進行。

ご本人もいたってナイスな感じ。

そういえば昔、彼のアルバムの曲でホーンアレンジと演奏をしたことがある。

サウンドチェックとカメラリハーサルの後の本番はTAKE1で終了。

しかし、休日のお台場は観光地と化す。

道ばたに観光バスが路上駐車状態で沢山止まっている。

すみやかにお台場を後にし、次なるスタジオへ。




例のミックスの2日目。

今日はビッグバンド編成の曲を3曲。

ビッグバンド編成の各楽器のバランスの取り方をエンジニアの人にちょこっとだけアドバイス。

やはり感覚だけではなく、スコアリーディングが出来た方が圧倒的に仕上げる時間の短縮、クオリティの向上につながる。

各楽器の音量のバランスや低位一つだけで様子が一変する。

つまりミックスは最大のアレンジ行為なのでエンジニアにはそういったセンスが不可欠だ。

一般論として、最高音と最低音を強調して、トータルでコンプをかけたりするとトラック全体がまとまりやすいのでそうしがちだけど、その反面細かなニュアンス、内声が犠牲になる。

僕の場合、内声を大切にしたいので、毎回エンジニアとのせめぎ合いになるが今回は非常にスムースにいいミックスが進行している。

箸休めに演奏の「波形」の話になって、僕の経験上で考える演奏のいい人、悪い人の「波形」の違いを話したら盛り上がった。

いろんな管楽器奏者の「波形」を見てきて、自分なりに「波形」でその人の演奏スキル、音色が解るようになった。

因みに今回参加してくれる人たちはみんな「ぷっくり」した、いいカタチをした「波形」の持ち主です。

宅録する際に必ず自分の「波形」を見てるので、それを見れば自分のコンディションもわかるようになりました。

ある意味、デジタルは嘘をつきません。

とはいうものの、デジタル信奉者ということでもなくアナログ的な発想も大好きです。

要するデジタル機器をアナログなものを作る為に使うっていう感じ。

つまりデジタルはあくまで「Tool」という発想。

最終的には「ひと」というアナログのアウトプットが必ず通るのです。

そこ忘れがちです、音楽に関しても、その他のことでも。




posted by YM at 22:34| 東京 ☁| 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。