2009年03月27日

デジタル化

本日の歩数300に満たずということでずっと自宅で作業。

楽器を吹いたり曲を書いたりメールを書いたり。

ラジオ番組用のテーマのOKがクライアントから出て、急遽10秒程度のジングルを3、4パターンこれから作ることに。


それとは別に最近、昔の自分の音源(ライブや宅録のもの)を整理していて今日ようやくその一部をデジタル化した。

2009032720360000.jpg


つまり、昔の音源はカセットテープだったりDATだったりしていて、今後メディアとして心配だし、第一テープの劣化や転写が怖いのでいずれはディタル化しないといけないと思っていた。

今回、ハードディスクに取り込んだソースはDATだったが、もとをただせばカセットテープ。

しかもカセットテープ8チャンネルMTR。

既にその音源を制作した機械はもう手元にない。

その機械を手放す時に、それらのデータはDATにトランスファーしておいたのだ。

今ではハードディスクレコーディングは当たり前のことだが、20年前はあくまでもテープレコーディングだった。

18年ほど前から宅録なるものを始めたが、Midi関係はその頃は既にシーケンサーがあったので今とそんなに変わらなかったが、オーディオに関しては、

カセットテープ8チャンネル〜単体16chハードディスクレコーダー~
デジタルパフォーマー〜Logic

という流れで今日に至る。

昔はある程度の音楽と機械の知識がないと作れなかったトラックが今では誰でも作れて、あげくの果てにCD発売しちゃうんだから凄い世の中だ。

音質のクオリティという意味ではアマもとプロの差がない。

(下手したら内容も。)

とりあえず、片っ端から昔の自分の音源をデジタル化。

そして次はアナログ盤をデジタル化。


昔の音源を聞き直すいいチャンスでもある。



さて完了までにどのくらいかかるのだろうか?



posted by YM at 22:11| 東京 ☁| 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。