2009年11月17日

Wayne Henderson

前回のRaul de Souzaに続いて今度はWayneのアナログレコードをデジタル化。
彼の活動はジャズクルセイダーズが最も有名だがそれに並行して自身のソロアルバムを多数リリースしているが、その殆どはCD化されることはなく、そのクルセイダーズ脱退後20年近く表立った活動が見えにくくなるので、ここ数年積極的に活動を再開するまで、その音源の存在自体も自分自身忘れかけていた。
しかし、忘れてはいけないのだ。
というのも、彼の「Step In To Our Life」に収録されている「Lovers Should Always Be Together」という曲を当時私が高校3年だった時に、NHKFM「クロスオーバーイレブン」という番組でたまたま聴いて、トロンボーンでこんなにポップでオシャレなことが出来るんだと感心し、その後の自分のトロンボーンの既成概念を大きく変えてくれた大切な曲だからだ。
この番組は当時静岡ではFM放送局がこのNHKしかない時代に私にとって貴重は情報ソースだった。
しかし、この番組は曲目やアーティスト名のアナウンスを全くしなかったので当時、この曲は誰が演奏しているのかさえわからなかった。
たまたま、この時の番組をカセットテープで録音していたので、この曲は愛聴していた。
それから7、8年後にたまたま買ったこのアナログ盤で聴いて全てがクリアになった。

1322.jpg

1325.jpg

1998.jpg

3963_2_l.jpg

posted by YM at 16:34| 東京 ☔| 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする