2010年06月27日

下町ダニーローズ第12回公演 演劇らくご「疝気の虫」 池袋 シアターグリーン BIG TREE THEATER

落語家、立川志らくさんの脚本・演出による芝居を観に行った。
彼のお芝居自体は、これで2度目。本業の落語に関しては多数、観に行っている。
古典落語自体、マニアとはほど遠く、たまたま数回落語を観に行った中で
志らくさんのパフォーマンスが非常に好きで、談志師匠を含め立川流に限って落語を聞くようになった。
志らくさんの好きなところは、談志師匠譲りの、古典をきちんとマスターした上で、落語自体を俯瞰で見て、落語以外のエッセンスを取り入れて狂気でありつつ、あくまでも自分が一番楽しんでいるところ。
その延長上に、この芝居やシネマ落語があるのだと思う。
優れた落語や芝居は毎回、「違う」というところだと思うが、これはまさに音楽もそうでなければいけないと思う。
志らくさんは私と同い年で、価値観がかなり似ていると感じる。
一途なところ、真面目な部分が彼の発言や、書かれた文章でよくわかり、そこもかなり自分と似ていると思う。(ブログ更新がマメなところも。)

以前、志らくさんにお話をさせていただいて、何時の日か、何か一緒に「創作」出来れば嬉しいと伝えたことがあったのだけど、彼の多忙と、縁がなかったので未だに実現化されていない。古典、新作落語とピアノのインプロの共演なんてのはある意味、安易だと思うので、自分でしか出来ない何かを早く見つけたい。エッジの効いたことをやりたいのだ。

肝心の今日の芝居は、十分楽しめたし感動出来るものだった。やはり、昨日の夜中に志らくさんに無理を言ってチケットをとって頂いてよかった。志らくさん、ありがとうございました。

敢えて、今回のお芝居での自分からのリクエストがあるとすれば、やはりプロから見たBGMの選び方。有名な映画音楽を使用するのは、やはり音楽家から見ると勿体ない。その曲が流れると、その芝居ではなく、その映画のシーンにシンクロしてしまう。やはり、大変だとは思うが、その芝居の為に誂えた曲を作ったら、より一層素晴らしいものになると思う。

下町ダニーローズ第12回公演 演劇らくご「疝気の虫」

一部:古典落語「疝気の虫」立川志らく
二部:「疝気の虫 後日談」
脚本・演出:立川志らく
出演 立川志らく モロ師岡 北原佐和子 森口博子 竹本孝之 岩間沙織 柳亭市馬 モラリスト 
ミッキー・カーチス 



posted by YM at 23:55| 東京 ☁| 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。