2010年08月15日

金管奏法のカリスマ アーノルドジェイコブスはかく語りき

非常に核心を突く金管楽器奏者の為の本。自分にとってのバイブルになりそうな予感。

安易に「これでハイトーンが出る」的な怪しさは一切無く、非常に妄信的にならず客観性をもって深く考えることが出来る。よって、読む側にはある程度の音楽、社会性の成熟度が必要とされるかも知れない。



プロに是非お薦め。



posted by YM at 09:31| 東京 ☀| レコメンド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。