2010年10月07日

エッセンシア/小野リサ 

1997年 リサさんと私の共同プロデュース。全編NYでのレコーディング。Toninho Hortaの楽曲を中心に普段の彼女の作品とは若干異なる質感。Tonihoサウンドを全面に押し出すということもあり、たまたま来日中だったToninhoとリサさん、私で密な打ち合せを行った。レコーディングメンバーは基本的に全て私によるもの。アレンジはGil Golidstern、Toninho、私で分担。

個人的にはBeijo PartidoでのMichael Breckerのソロが秀逸。



<参加メンバー>
Toninho Horta(Gt),Gil Goldstein(Pf,arr,cond),Yoichi Murata(Trb,arr,produce,cond)
Bob Mintzer(BsCl),Michael Brecker(Ts),Andy Snitzer(As),Randy Brecker(Tp)
Eddie Gomez(bs),Mark Egan(bs),David Fink(bs)
Paulo Braga(drs),Danny Gottolieb(drs)
The Dunn Pearson Orchestra



posted by YM at 23:51| 東京 ☁| レコメンド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。