2010年11月30日

チャンス

ここ数年間若いプロ演奏家及びプロ予備軍の子達と接触することが多い。そしてかなり高い確率で感じるのは音楽家としてのスキル向上、仕事での環境改善などの絶好の「チャンス」を逃しているような感じ。いい球が来てもそれを打たないこともあったりするので端から見ていて勿体ないと思う。かといって第三者が、それを相談もされないのに「打て」とはいう義理もない。

チャンスは誰にでも均等に与えられると思う。要するにそれに気づかないか、もしくは気づいてもそれを活かすだけの実力が備わってない為にチャンスを掴めないのだと思う。そんな連続なので自ずと個々の結果の開きが出るのだと思う。

一つ一つの積み重ねでしかない。



posted by YM at 23:01| 東京 ☀| 思ふこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。