2010年12月22日

センス

音楽を楽器で奏でて自己表現する場合、演奏のスキル、音楽に対する知識、楽器に関する知識は必須だけどそれと同じ位「センス」って大事な事だと思う。「勘」もその類いだとも言える。どんなジャンルにおいてもそこそこオールラウンドに粉せるのは、いわゆるセンスがいい、勘がいいということなのだろう。
よく「センス」を磨くなんていう言い回しがあるけども、実はセンスに関してはかなり先天性のもののような気がする。センスは学習で身につけるものではなく、非常に感覚的なものではないだろうか?

テクニックバリバリだけど魅力のない演奏なんてのは結構沢山巷ではお見受けするが、それはまさにセンスがないということなのかも知れない。つまりスキルとセンスは別次元のもの。

とは言え磨けるものは磨いておきたい。

何を今更って内容だが、何となくそんなことを思った2010年冬至の夜。



posted by YM at 21:12| 東京 ☀| 思ふこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。