2011年03月24日

ただちに

昨晩は放射性物質が都内の水道水から検出された乳幼児に対して摂取制限が出た。予想通りコンビニ、スーパーで売れ切れ続出。マスコミを通じて、一般的な生活をしていく上でさほどシリアスな状況ではないと再三伝えたことが功を奏したのか今日の夕方にはコンビニでは売れ切れは回避されたようだった。

今回の原発事故で放射能汚染に人体への影響を皆が心配する中、当局は「ただちに人体への影響はない。」という表現をする。だからパニックになるなということなのだが、「ただちに」という言葉が逆に不安を煽る結果となった。こういう表現をせざるをえないということも理解できる。というのも、この被曝、放射性物質による影響はかなりの長期的にわたるので早計に大丈夫だと言い切れないからだ。言い切ってしまうことで不測の事態になった時の責任を取らねばならなくなる可能性だってある。

こういった曖昧な表現は日本語特有なのかも知れない。


平静を保つように出来るだけ通常の生活をしようといていて、今日は歯のメインテナンスに行ってきた。



posted by YM at 22:10| 東京 ☀| 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。