2011年06月05日

Boz Scaggs / Speak Low

いわゆるポップスシンガーのジャズスタンダード集。とはいえ決して安直なものではなく、かなり手応えのあるアルバム。ギルゴールドスタインがプロデュース、アレンジをしていることが大きく起因している。編成も含め、かなりギルエヴァンス色が濃く緻密で丁寧なサウンド。是非静かな所かヘッドホンでオーケストレーションを楽しんで欲しい。木管楽器、弦楽器のラインが素晴らしく小編成ではあるがかなりリッチなサウンド。ギル自ら弾くピアノ、ローズも非常に計算された最小の音使い。肝心のボズのボーカルも誠実で丁寧な発音、歌唱。まさにオトナにしか解らない究極な「引き算」の出来る「大人の音楽」。一見地味に聴こえるが何度も何度も聴けば聴く程味わいのするアルバム。





posted by YM at 14:46| 東京 ☀| レコメンド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。