2011年11月27日

反体制派から体制派になってしまうこと

立川談志さんが亡くなってテレビのニュースや情報番組では毎日、談志さんの人となりを事細かく、彼と親交のあった人達へのインタビューを織り交ぜながら報道している。正直、どの番組も同じ内容。とはいえ談志さんを好きな私はついそれら番組を見てしまう。それが何かTV局の視聴率を上げることになっているかと思うと癪(しゃく)でもある。でも、談志さんをリアルに知らない人が彼を知るようになったとしたらそれは悪いことではない。しかし、これを機に落語を聞く人が増えるとは思えない。もちろん、談志さんの遺した談志さんのDVDやCDは沢山売れるだろう。それをきっと談志さんは喜ぶだろう。まあ、そんな簡単に世間が隅に追いやっていた文化が一夜にしてメジャーに返り咲くわけはない。

生前の遺言による戒名やスポーツ紙の見出しを「談志が死んだ(だんしがしんだ)」という回文にして欲しいという要望なんていうのは談志さんでしか出来ないし、それを実行したご家族の理解もスゴイと思う。これこそが談志さんの美学なのだと思う。

談志さんのフォロワーとなる落語家は立川流も含めてこれから益々出てくるに違いないが、談志を追い求めたとしても、それはただの亜流にしか過ぎないだろう。

談志さんは「落語」というものを愛していたし、彼のアタマの中には落語のことばかりだったと聞くが、それは文化としての「落語」を守ろうとかいう全体主義の発想ではなくてをあくまでも一個人が落語が好きという個人主義を貫いただけのような気がする。

談志さんは落語協会を飛び出して、協会と絶縁したのは「落語界」の為だとおっしゃってしたが、立川流の制度を含めて、彼の立ち振る舞いは極めて個人主義だったと思う。個人主義というのは自分のポリシー且つ自信がないと成立しないわけで、進んでいく道が少しばかり世間を違うと色々とやり難いことも承知でそれをつき通したことは私も表現者の端くれとしてとても感銘を受ける。

反体制派としては常に孤高で居たはずが知らず知らずに沢山のフォロワーが出来て最近では反体制派と呼べなくなってきていた自分の立ち位置を談志さん自身はどう思っていたのだろうか?「ざまあ見ろ」と思ったのか「つまんねぇ」と思ったのか。



posted by YM at 18:11| 東京 ☀| 思ふこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。