2012年01月26日

独立

今日久しぶりに、いつものお店、いつもの方に髪を切っていただいた。彼に切ってもらうようになってから恐らくもう15年以上は経つと思う。そんな彼が来月独立してお店を出すという。彼は年齢的にもキャリア的にもかなり上なので、カットをしてもらう度に「いつ独立をするのか?」を問うにも「独立する気はない」との一辺倒だった。そんな彼が独立した理由とは?
そんなことを聞くことも出来ず、次回のカットは彼のお店へ行くことになるだろう。

15年以上も前から定期的に髪を切ってもらっているということでそれなりにお互いの距離感は遠くはないもののプライベートでは一切交流がないために、お互いの距離は「施術者」「客」の関係以上になることはない。

それなりの年齢になってからの「独立」というのは正直言って、どのジャンルに於いても早い時期よりもリスクは高いハズだ。それなりの決心があってのことだと思う。彼にエールを送りたい。



posted by YM at 18:55| 東京 ☁| 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。