2012年04月30日

必要以上のテンションを高めない

いつも楽器を演奏して痛感することは、楽器というツールを上手く使いこなす為には力まず、きちんとフォーカスすることに尽きるようだ。ここで難しいのは力まないということは力を入れないということではなく、最低限の力で動かすということと無駄な力を使わないということ。無駄な力を使うことやカラダのテンションが必要以上に高くなることは機能的な動作の妨げになるようだ。加齢によって筋力が落ち、また瞬発力の低下によって自然と力んでいられなくなるかも知れないが。現状の自分にとってはもっとテンションを下げる訓練をした方が良さそうだ。



posted by YM at 20:44| 東京 ☀| 思ふこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。