2012年06月10日

イパネマの娘

今日はルーパーハーモナイザーを使ってジョビンの有名曲「イパネマの娘」にトライしました。何も準備せずその場の思いつきでベースライン、ハーモニー、カウンターライン(ハモリパートも含め)をどんどんトラックに重ねていきます。それぞれの定位を意識しながら新しいパートを入れてくのは常に全体像を把握していかないといけないのでとてもいい訓練になります。こういう実験を繰り返してして思ったのは、あまり長い曲を順番に重ねていっても鮮度が落ちるので比較的短いサイズの中でどんどんその場で作っていった方がパフォーマンスとしては面白いということでした。そうしないとただステージ上でネタばらしをしながらレコーディングを見せているということになってしまうので。明日は
メーカーとPAの方のもとで初めてPAを通してみることになっています。そして初めて他の人にこのパフォーマンスを見てもらうので、どういう感想を持つのかがとても楽しみです。



posted by YM at 21:38| 東京 ☁| 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。