2012年06月30日

職業音楽家とアマチュア音楽家は両立する

音楽を生業としている以上、クライアントのリクエストに沿ったものを提供するのは義務だと思います。状況によっては双方の価値観が異なることもあるわけで、その場合はクライアントが満足するように努めます。それを「職業音楽家」と呼ぶのでしょう。

「職業音楽家」と「アーティスト」は音楽を媒介にすることは共通するもののと、根本的には成り立ちも本質も異なるものだと思います。

「アーティスト」活動をしたければ、パトロンを見つけて好きなことをやらせてもらうか、自費で好きなことをやるかのどちらかしかないように思います。

前者はある意味「プロ」で後者は「アマチュア」という括りが出来るかも知れません。

ボクは数年前からソロ活動に関してはその後者の選択をしています。別に職業音楽家がアマチュア活動することが矛盾した行為だとも思わないですし、自分が憧れ目標にしてきた前人達もその道を選んでいますし。

要するに「音楽」するのでもクライアントの為に作るものと自分の為にするのとでは当たり前だけど作る時の内容は勿論のこと、環境、状況、結果は違ってきて当たり前のことだと思ってます。

この不景気でクライアントの為に作るものに対してが何かと条件(経済的、時間的な側面)が厳しくなったけれども、自分の為に作ることに関しては逆に作りやすくなったように実感しています。



posted by YM at 20:06| 東京 ☀| 思ふこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。