2012年07月12日

アレンジに入る前の打ち合せ

今日は何だかとっても慌ただしい一日でした。これから始まる連載もの用の音源のレコーディングを自宅で行なった後に、録音器材をバラして急遽それをもって別の場所でプリプロをしに渋谷まで行きました。プリプロの内容というのは、noonという女性シンガーの次作のアルバムのアレンジ、プロデュースをすることになったために、収録曲のキーやテンポを決めながら仮に歌を録音してみるという作業でした。リラックスした雰囲気で進めたいということもあって、自分が器材を使って録音を進めていきました。数時間で10曲を見事に録り終えることが出来ました。とてもナチュラルな素敵なシンガーです。これで具体的に曲の構成やアレンジに着手出来ます。レコーディング自体は8月に入ってから始まるので今から楽しみです。

こういった楽しいこともあったのですが、とても残念な話しも舞い込んできました。
それはベースの松永孝義さんの急逝の知らせでした。ここ最近は一緒に演奏することはなかったけれど自分が参加していたじゃがたらの彼の在籍していたMUTE BEATはよく同じコンサートで一緒になることがあったり、ボクのセッションにも数回参加してくださっていました。これぞ、ベースという懐深い人柄、演奏でした。とにかく残念でなりません。

合掌。



posted by YM at 23:58| 東京 ☁| 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。