2014年01月15日

音の重ね方

例えば昨日演奏した「Naima」は6声のハモりの白玉(pad)を1音づつ、その場でダビングしていくののですがいつもなら一番高い音程から順番に入れていくのを最低音から入れていきました。
結果的には構成音が一緒だからどの順番にダビングしても同じ響きがするハズですがさに非ず。これが管楽器、弦楽器のアンサンブルの醍醐味だと思います。



posted by YM at 23:08| 東京 ☁| 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。