2014年01月16日

「動機(モチベーション)」「到達点」「目的」「ベクトル」「フォーカス」

例えばBb7.9.#11.13というコードのPadを重ねて作るとき、構成音の下からBb,D,F,Ab,C,E,Gと重ねていくと比較的サウンドのイメージが湧きやすい。それは響きが「安定」しているところから「緊張」へ向かって行く順番だからだと思う。
3度の「F」を入れてから11度「E」を入れるのは比較的楽だがその逆にテンションノートの「E」から入れていくのはちゃんと和音の最終形が見えていないとなかなか難しい。
Bb7の上に積まれた音3つ「C」「E」「G」はいわゆるCのトライアード。だからといって分母のBbのことをあまり考えずにCのトライアードとしてハモるようにすればいいかといえばそうでもなくて、それが実に興味深い。

とは言え、ビッグバンドの指導をするときにはテンションノートを含む和音を響かせるのは難しいので、その時の構成音を見て、協和音の関係にあるものを取り出してハモりの確認をすることも多い。

シンプルな3和音ならばクラシックを含め日常的にそのサウンドがアタマの中で響かせることは出来るがメジャー(長調)なのに同時にマイナー3度(#9th)の音も含まれる和音テンションノート(b9,#9#11,b13)なんてのはその響きを掴む為にはそれなりにイヤートレーニングが必要だと思う。

ブルーノートスケールに於けるb5の音程の取り方もそう。
このb5の音が次に何処へ向かいたいかということが大事。それは別にb5に限ったことではなくて全ての音に言えることで「どこへ向かいたいのか?」ということが「全て」のようにも思える。
b5がその半音下の 4thにいくのか2thに行くのかで意味合いが違ってくる。(これはジャズインプロバイザーであれば直感的に理解出来ると思う。)

たまたま「音程」について取り上げたけれど、こういう考え方って普遍的なことであらゆることにも当てはまるのではないのだろうか?


posted by YM at 00:41| 東京 ☁| 思ふこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする