2014年01月21日

伝達

17年前に自分が書いたビッグバンドのスコアを改めて見るとリズムセクションに関しての配慮の無さを痛感。細かく書かなさ過ぎ。名人に演奏してもらうので結果的にはリズムセクションは適材適所のアプローチになるのだけれど。
編曲者が演奏者を選ばせてもらうシチュエーションではこれでいいけど、アマチュア演奏家も含めて万人がある一定のレベルの演奏をする為にはネスティコの編曲以上のものを見たことがない。

本来リズムセクションにはマスターリズム譜やコンダクター譜を渡したいところだけれどあまりのページ数になるので譜面めくりのことを考えるとそれぞれのパート譜を使っていただくのが現実的だ。だから今回はリズムセクションのパート譜を書き過ぎに注意しながらも伝えたい情報を丁寧に書くように努めます。



posted by YM at 11:54| 東京 ☀| 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。