2014年02月05日

リハーサル

今日は明日から2日間STB133で行なわれる渡辺貞夫ビッグバンドのライブの為の3回目のリハーサルでした。

4時間づつを3日間だったわけですが、やればやる程色々なアイディアが出てきたり、それをその場で試したりしてサウンドがどんどん良くなって行く様をリアルタイムで感じることが出来ました。正直、リハーサルビッグバンドも仕事としてのビッグバンドも1回のライブの為に3回以上リハーサルをすることはなかなかありません。それ故に、本来はもっと練るべきところがあるにも関わらずメニューを「消化」するので精一杯になってしまってその大切なことを「御座成り」にしてしまうことも多分にあると思います。
今回は有り難いことに17年前に自分が書いたスコアと最近書いたスコアを演奏するので自分のアレンジのチェックにもとても良い機会になっています。
本来アレンジというものは書いてそれを実際に音を出してみて自分の耳で確かめたり、それを演奏するプレイヤーのアレンジに対する反応をみてそれを参考に修正していくということの反復で上達するものだと思うので、やはりこのくらい時間をかけてリハーサルをすることはとても大事です。逆にこれを維持出来ないと「良いサウンド」を望むことは難しいかも知れません。
PCで簡単にシミュレート出来てしまうことで、実際にプレイヤーがそれを演奏する以前に「完成」したつもりになってしまう危険性を孕んでいます。は文字通り「デスクトップミュージック」以上に発展しないということです。

編曲するものの端くれとして自分が書いていない曲を安易に「ボイシング」を変えてしまうのはマナー違反なので全体しませんが自分の書いたスコアに関しては書き直しが多少めんどくても音を出した時点で他のボイシングやその他のアプローチを試しています。

ボイシングやオーケストレーションなどのライティングに関しては「村田陽一オーケストラ」のライブでピアノを弾くことだったり中村善郎さんとデュオをしたりソロパフォーマンスライブでの経験値が多いに役立っています。

今日も長丁場の全体リハーサルの後にサックスセクションはセクションリハーサルをしていした。ツワモノが集まっている彼らが自主的にソリの合わせをしています。
義務感というよりもホントに音楽を楽しんでいるようにも見えます。
ボクも音楽大好きなのでよく彼らの気持ちがわかります。

ということでアレンジの変更が出た為にこれから3回目の改訂版としてアレンジ修正します。



posted by YM at 20:43| 東京 ☀| 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。