2014年06月03日

求心力

昨晩の柴崎さくらんぼでの向井滋春さんとのライブ。改めて向井さんのリズムセクションへの求心力の強さを感じました。1曲の中で数回リズムセクション一体化する瞬間があるのです。

Jazzの基本中の基本ではありますが、気をつけないと自分のソロのフレーズをリズムセクションに「ハメて」いこうとするあまりリズムセクションとのハプニングを楽しめずに、それどころかリズムセクションをマイナスワンのような関係に陥ってしまっているケースも少なくないと思います。確かに表面的には「整った」演奏に見えるけれども、それは全くアンサンブルをしているとは言い難いわけで。

何てことを思いながらも楽しいひと時でした。   







posted by YM at 12:29| 東京 🌁| 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。