2014年06月12日

写譜

今日は懐かしい方々と再会出来た一日でした。先ずは午前中の音大でのアンサンブル授業の後、校内でサックスの江川さん。彼女は恐らく吉田美奈子さんのブラスオーケストラをやっていた頃(ほぼ10年前)にお手伝いしてもらった縁で、彼女たちのやっているチャンチキトルネードというアンサンブルを観に行ったりしました。このアンサンブルめっちゃ面白かったです。今をときめく大友良英さんのオーケストラの核となっているのがこのアンサンブルの面々です。

その後、劇伴のレコーディングで何と17年ぶりに当時ボクのスコアを写譜してくださっていた写譜屋さん、久野さんとの再会でした。それ以降は自らフィナーレでスコアを作成するようになってからお付き合いが途絶えてしまいましたが、ボクが大編成を書くようになった27歳の頃(今から23年前)から6年間程大変お世話になりました。レコーディングの仕事の時も勿論お願いしましたが、Solid Brassや村田陽一オーケストラのようなライブハウスでのライブで使う為に写譜をお願いしました。ライブハウスの集客のレベルで10曲以上の大編成のスコアを写譜に出すということはバンマスとしては完全赤字です。ライブの為に写譜を外部にお願いするということは今の時代でもそうだと思います。
でも何故ボクは赤字になっても写譜に出していたかというこのは、「楽譜」は自分にとって「財産」だという発想があったということと、「読みやすい」楽譜は「いい」演奏を導いてくれる(つまりその逆然り)と確信していたからです。間違いだらけで読みにくい楽譜は余計なリハーサル時間もかかるし、演奏のミスを誘発するものだと思っています。

未だにその頃の楽譜を使っているので、まさにそれらの写譜された楽譜は僕にとって「財産」です。

2014-06-11 15.36.21.jpg



posted by YM at 01:10| 東京 ☔| 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。