2014年08月01日

主旋律〜対旋律〜和音進行

あっという間の7月でした。比較的のんびりな7月だと思いきや何だかんだで毎日、いろんな音楽に携われた7月でした。今日から8月。
全然話しは変わりますが、とある自分の作編曲に於いて最も影響を与えてくださった偉人の作った曲があまりにも自分的に「ツボ」過ぎてiTunesストアで片っ端から色んな方のカバーバージョンを聴くも、オリジナル以上に「ツボ」だったものはありませんでした。メロディだけじゃなくてハーモニーの要素も僕にとって彼のサウンドはツボですが、それ以上に彼のメロディに対しての対旋律(カウンターライン)が相当「ツボ」だったと改めて分りました。ボクにとって、彼の作品には色んなヒントがまだまだ沢山詰まっています。
「オリジナリティ」を確立した偉大な先輩に再度敬服いたしました。
生で彼の仕事ぶりを見てみたかったです。

それはヘンリーマンシーニ先生です。



posted by YM at 11:01| 東京 ☀| 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。