2014年12月31日

ヴァージョン違い

昨晩のレコ大での椎名林檎さん作詞作曲プロデュース「暗夜の心中立て」の石川さゆりさんの歌唱が、林檎博での林檎さんと瓜二つで驚きました!
林檎さんの石川さんへのアーティキュレーション、発音等の細やかなディレクションも、それを正確に再現して自分のものにする石川さんのスキルにも「オリジナル」に対するプロ根性を垣間見ることが出来て改めてお二人を尊敬いたします。
一度だけ石川さんのコンサートの為に、石川さんのレパートリーを管楽器3〜4人と石川さんだけの編成のアレンジをしたことがあり、その時も同様にスキルの高さを感じました。
余談ですが昨日の演奏は石川さんバージョン(斎藤ネコさんアレンジ)でしたが、先日の林檎博では演歌っぽくないアプローチで私がアレンジさせていただきました。両方とも演奏する機会が持ててとても勉強になりました!両方を聞き比べてみると面白いと思います。

ということで本年の最後のご奉公は国営放送の歌番組となります。



posted by YM at 17:49| 東京 ☀| 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。