2015年01月15日

いい演奏

昨年末に自分が書いたスコアを演奏したコンサートのライブレコーディングが幾つかあり、そのトラックダウンに立ち会わせていただきましたが、各楽器の音量バランス、音質感など好みの分かれるところではあるけれども、どんなバランスにして視聴しても演奏が崩れて聞こえることは今回も一切ありませんでした。それは間違いなく演奏者が良い演奏を提供してくれているからに他なりません。
本当に参加してくださっている演奏家の演奏が素晴らしいです!
いい演奏はどんなミックスでもいい演奏に聞こえるのです。

綻びのある演奏を後処理でなんとかしようとしても、やはりその繕いはバレてしまいますし、全体を通して見た時にトータルのバランスか崩れてしまい、またそれもバレてしまいます。
ライブ現場が音楽家の真価を問う一番の「場」なのだと確信しました。
音楽家は「パッケージ」を売ることも大事ですが、それ以上にリスナーとの直接対面である「生もの(ライブ)」こそ、今必要な表現方法だと思いました。




posted by YM at 02:05| 東京 ☀| 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。