2008年01月26日

「遺す」という行為

生命のあるものは必ず、物質的なものはなくなり、最終的に土に還る。

これは誰も避けることのない事実。

僕は20代の頃、同年代の仲間たちの「死」を見届けて来た。

そこで思った事。

その「物体」自体は無くなっても、その「物体」が作ったもの、考えていた事というのは、伝承する人がいれば、「遺る」のだという事。

僕が失った友はミュージシャンだった。

彼らが遺していった「作品」はある意味「永遠」だ。


「音楽」を創る喜びを知り、それを日常的に行っている自分は非常に恵まれていると思っている。

それとともに、自分の存在を何かしらの「かたち」として遺しておかないと思っている。

それが、「音源」であり、こういった「テキストデータ」だと思っている。



でも、音楽を「創る」という行為は、「遺す」ということが目的ではない。

結果的に「いま」創りたいと思って創っているモノが遺ればいい。


posted by YM at 19:59| 東京 ☀| 思ふこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。