2008年02月21日

複眼

専門誌のインタビュー。

吹奏楽経験のある人がポップスを手軽にやるには?というビギナー向けのレクチャー的なお話。

こういうの苦手でした。

目線を下げて音楽を考えるのが非常に苦手。

やさしくないしね。

でもとかく「単眼化」してしまいがちなので「複眼」を意識することで、同じ「楽器を演奏する」という行為をいろんな角度で捉えることができたという意味では有意義ではあったかも。


posted by YM at 23:55| 東京 ☀| 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。