2008年03月28日

UMPTEEN TROMBONES / URBIE GREEN

音量をセーブしていて、柔らかくて、つややかなサウンドが特徴。細かな音符を一切排除して、長くつながる、スムース・なめらかなレガート奏法なのね。

スタイルとしては古いんですわ。大元は、トミー・ドーシーという人がすごく有名。1950年代、ダンスバンドの全盛期。社交ダンスが新しかった頃。ダンス音楽に求められるのは、とにかく人々がダンスができることだった。音楽うんぬんでなく、踊れればよし。そんな踊るための音楽から、ちゃんと鑑賞する音楽へという流れで出てきたのが、ビーバップね。トミー・ドーシーという人は、スイートサウンドのトロンボーンを確立した人。トミー・ドーシー楽団の専属歌手にはフランク・シナトラがいた。シナトラの歌い方はトミー・ドーシーの吹き方そっくりなんだよね。トミー・ドーシーは8小節でブレスをとるところを32小節トロンボーンを吹いてブレスをとる。シナトラもそういう歌い方するでしょ。

そんなトミー・ドーシーの演奏スタイルを継承したのが、アービー・グリーンというわけ。ある意味サウンドが白人的というか、明るい。よどんでいない。比較対象として面白いのが、このメルマガでも以前紹介した、ビリー・ホリデイの"Lady in Satin"。このアルバムでは、今回紹介した二人、J.J.JOHNSONとURBIE GREENがトロンボーンを演奏しているんだ。ふたりの演奏スタイルに興味のある人は、このアルバムをもう一度聴いて比べてみると面白いよ。

近年どんどん、トロンボーン奏者は技巧派(細かく、早く吹くテクニック)に偏重するきらいがあって、こういうスイートスタイルの演奏をできる人がいなくなってしまっている。それは、時代のニーズがないこととも関連しているけど、すごく残念だよ。自分はスイートものもやりたいし、そういう演奏ができるシチュエーションを作ろうとしている。人のプロデュースする時に、スイートなスタイルがはまる場合はやるようにしたりね。

このアルバムは、20本のトロンボーンバックで、アービー・グリーンがずっとソロを吹いている。トロンボーンがこれだけ集まってもすごい柔らかいサウンド。トロンボーンのアンサンブルの柔らかさが出ているアルバムです。おすすめ。見つけたら即買い、ね。





posted by YM at 03:39| 東京 ☀| レコメンド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。