2016年02月28日

「ゴスペラーズコンサート2016 in Naeba」

一昨日、昨日の2日間、苗場で「ゴスペラーズコンサート2016 in Naeba」が行われました。
ほぼ全曲ビッグバンド編成でのパフォーマンスでした。
今回初めて彼らのコンサートのサポートをさせていただきましたが、彼らの音楽的」「パフォーマンス」のクオリティの高さに驚きました。
そして今回のコンサートのミュージカルディレクターでもある笹路正徳さんのオリジナルスコアが実に素晴らしかったです!


また、去年夏頃から換えたイヤホンモニターのおかげでステージ上や客席での爆音、振動から解放されて手元にあるモニターミキサーから供給される音のみで演奏することが出来ています。
結果的に管楽器は全て個々のマイクを通した音のみを聞くことになります。
イヤホンの中の情報だけで演奏しているわけですが、遮音性が高いために「音質」「音色」「音像」「分離」はまるでCD音源を聴いているような感じで演奏できるのでとても楽しく「音楽」出来ています。ゆえに「音程」「タイミング」「アーティキュレーション」に関して、今まで以上に解ってしまうのでかなりシビアな判断が出来るようになります。

今回の「ゴスペラーズコンサート2016 in Naeba」でのベテラン(レジェンド)のリズムセクションの方々のグルービー且つ正確な演奏があまりに凄すぎでした。
特に解像度の高いモニター状況の中でのベースやギターのピッキング、フィンガリングのタッチまで聞こえてくるので大興奮でした。

リズムセクションは笹路正徳さん(arr,kb)、土方隆行さん(gt)、岡沢章さん(bs)、渡嘉敷祐一さん(ds)の方々でした。

2016-02-28 00.12.45.jpg



続きを読む
posted by YM at 19:29| 東京 ☀| 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「ゴスペラーズコンサート2016 in Naeba」

一昨日、昨日の2日間、苗場で「ゴスペラーズコンサート2016 in Naeba」が行われました。
ほぼ全曲ビッグバンド編成でのパフォーマンスでした。
今回初めて彼らのコンサートのサポートをさせていただきましたが、彼らの音楽的」「パフォーマンス」のクオリティの高さに驚きました。
そして今回のコンサートのミュージカルディレクターでもある笹路正徳さんのオリジナルスコアが実に素晴らしかったです!


また、去年夏頃から換えたイヤホンモニターのおかげでステージ上や客席での爆音、振動から解放されて手元にあるモニターミキサーから供給される音のみで演奏することが出来ています。
結果的に管楽器は全て個々のマイクを通した音のみを聞くことになります。
イヤホンの中の情報だけで演奏しているわけですが、遮音性が高いために「音質」「音色」「音像」「分離」はまるでCD音源を聴いているような感じで演奏できるのでとても楽しく「音楽」出来ています。ゆえに「音程」「タイミング」「アーティキュレーション」に関して、今まで以上に解ってしまうのでかなりシビアな判断が出来るようになります。

今回の「ゴスペラーズコンサート2016 in Naeba」でのベテラン(レジェンド)のリズムセクションの方々のグルービー且つ正確な演奏があまりに凄すぎでした。
特に解像度の高いモニター状況の中でのベースやギターのピッキング、フィンガリングのタッチまで聞こえてくるので大興奮でした。

リズムセクションは笹路正徳さん(arr,kb)、土方隆行さん(gt)、岡沢章さん(bs)、渡嘉敷祐一さん(ds)の方々でした。

2016-02-28 00.12.45.jpg




posted by YM at 19:27| 東京 ☀| 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月13日

悪い癖

悪い「癖」「習慣」を直すのはとても大変。何しろそれはそこには「思考」などなく無意識で反射的に行なってしまうのだから。
それを正すためには一々シンプル且つゆっくり再確認しながら正していくしかないのだと思う。何事も。



posted by YM at 17:45| 東京 ☀| 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月31日

2015年を振りかえる

2015年の仕事納めは椎名林檎さんのサポートで紅白歌合戦でした。
今年は例年以上に学ぶことが多く、52歳の自分にもまだ伸びしろがあると教えられた1年でした。
特に椎名林檎さんの夏フェス、秋から年末にかけての百鬼夜行ツアーで全面的にブラスを書かせてもらったりサウンドトータル面でも助言させていただいて、とても充実した濃密な時間を過ごさせていただきました。
関わった皆様に感謝です。ありがとうございました。
新しい出会いもあり、旧知の友との絆も更に深まり(と信じ)、これをどんどん拡げていければと思います。

今年を振り返るにあたり、編曲した曲を数えてみたところ
ホーンアレンジ:50曲
フルオーケストラアレンジ:12曲
吹奏楽アレンジ:15曲
バンドアレンジ:20曲
でした。
結構書きましたが、今年はビッグバンドを書いていないことにちょっと自分でもビックリです。

まだまだ行けそうなので来年も是非みなさまよろしくお願いいたします。

                      村田陽一


10653528_708707552600038_3269937292280034390_n.jpg



posted by YM at 23:55| 東京 ☀| 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月10日

ポップであること。何も無いところからは何も新しいものは産まれないということ。

「ジャズ的思考」と「クラシック的思考」あなたはどちら?


これらのことを普段から考えている身としては、「正誤」はともかくなかなか興味深い記事。
シュラーを中心に意図的に造られた「第三の流れ」(Third Stream)という言葉?カテゴリー?
マイルス、JJ、ジョンルイス,デイブブルーベックなども巻き込んで、このコンセプトで数枚アルバムをリリースするものの、結果的にこの「流れ」が定着することはなかった。
20代の私にとって、とても魅力的だったコンセプトだったのだけれど、当時の私にはあまり刺激的ではなかった。
それでも中にはジョンルイス「Jazz Abstractions」のような刺激的な作品もあるのだけれど、とても「実験的」であることは拭えない。
この手のカテゴリーが根付かなかった理由の一つは「popularity」の欠如だと個人的に思う。
拡大解釈でマイルス〜ギルの一連の作品「Miles Ahead」「Porgy and Bess 」「 Sketches of Spain」辺りを Third Streamというのならばこれは例外。これはプロデューサーのテオマセロの功績が大きいとも思う。(「 Sketches of Spain」に関してはクラシックというよりも民族音楽とのミクスチャーだと思う。)

記事中にある下の一節はかなり共感出来るというか、いつも自分自身が思うことです。

「今でこそ、即興演奏は私にとって直感的な行動になっていますが、それを直感的にするために、長年の演奏で得てきたすべてのリソースをかき集めているのです。学校で習った音楽の知識、私なりの音楽の歴史的理解、そして、演奏する楽器の技術的な理解のすべてをです」
『Thinking in Jazz』Paul Berliner著


何も無いところからは何も新しいものは産まれないということだと思います。




posted by YM at 01:42| 東京 ☀| 思ふこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする