2015年09月03日

常に同士でありライバルであるべき

資料として渡辺貞夫さん1980年@武道館コンサートの映像を観る。

参加メンバー

Richard Tee, Steve Gadd, Eric Gale, Ralph MacDonald, Anthony Jackson, Jeff Mironov and Dave Grusin​に東京フィルハーモニックオーケストラ(リードトランペットにJohn Faddis)

という布陣。

しかもこの武道館は3日間行われていて、その内の2日間のコンサートの模様をHow's Everythingというアルバムとして発表されています。

このコンサート以前も今後も1人のジャズミュージシャンが武道館で3日間単独公演をすることはないでしょう。

前人未到の快挙だと思います。

これには貞夫さん本人の実力、タレント性は必須ではありますが、それをサウンド面で全面的に支えていたDon Grusin、制作、運営面で支えたスタッフワークは成功の為の不可欠な要素だと思いました。


夜になって今年の前期に音大で教えているアンサンブルのクラスの生徒たちとのお疲れさま会でした。


貞夫さんと僕は世代でいうと「親子」です。

僕と今日の生徒たちも「親子」の年格好です。


でもお互いがプロの演奏家として同じ「板」に上がる以上は常に同士でありライバルであるべきだと思っています。

posted by YM at 01:07| 東京 ☀| 思ふこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月28日

【備忘録】2015夏

(演奏に関して)
自分の力3割程度使わずに7割で演奏する方が音色、音質、ニュアンスがより良く発揮出る。
それゆえに絶対量の底上げが必要。

(編曲に関して)
編曲する時に最も大事なのは幾つかの選択肢の中から最も適した「音」を選びプレイヤーが演奏することをワクワクさせるスコアを提供する。(プレイヤーが楽しめずに奏でた「音楽」をオーディエンスが楽しめる確率は極めて低いと思う)

選んだ「音」が本当に必要なのか?を常に問う。
理論上間違っていないものが全て「正解」とは言えない。
スコアに書かれたその音に「必然性」がないと、それは最良の「選択」とは言えない。

過去の優れた編曲者は皆、小編成ででも和声の豊かな立体的なオーケストレーションをし、プレイヤーに演奏することをワクワクさせるスコアを提供する。こういうプレイヤーの「気分」が全体の演奏に多く反映される。
自分一人、このパートを演奏しなくても体制に影響ないんじゃない?とプレイヤーに思わせるスコア書いてはいけない。

と最近なんとなくアタマをよぎることでした。


posted by YM at 23:52| 東京 🌁| 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月18日

夏の椎名林檎さん関係

昨日、台湾にて「椎名林檎 (生)林檎博’15 −垂涎三尺−」コンサートに参加して来ました。椎名さんにとって初の海外公演でしたが大成功だったと思います。
素晴らしいミュージシャン、スタッフ達との素晴らしいコンサート、楽しい台湾滞在でした。

今回演奏曲は全23曲。そのうちホーンセクションが参加した曲は15曲。
初台湾ということもあり、台湾の人気投票による選曲でした。当然有名曲が中心になります。それら曲のオリジナルアレンジは何れもストリングスがサウンドデザインに大きく関わっています。今回はそれらを一切取り払いブラス3人でこれからの曲のもともと持っている世界観を壊さず且つ管楽器ならではの表現が出来るように頑張って編曲しました。
その結果、管楽器による新たなカウンターラインも沢山作ってみました。
関係者の方々からお褒めの言葉を沢山いただき、とても光栄です。
これを明日への創作のモチベーションにして頑張りたいと思います!


また、個人的、初のフジロック、ロッキンジャパンという大型ロックフェスやMステに椎名林檎さんで参加したりと椎名さんずくめの夏でした。

8月にリリーズされた両A面シングル『長く短い祭/神様、仏様』は両方ともブラスアレンジ、演奏で参加させていただいてますが、今年の夏はアタマの中で「長く短い祭」の歌メロ、後半インストメロがパワープレイ中です!


2015-08-17 10.49.34.jpg



続きを読む
posted by YM at 00:28| 東京 ☁| 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月27日

椎名林檎『長く短い祭/神様、仏様』

【椎名林檎】2015年第2弾リリース!超大型CMタイアップ2タイトルを収めた両A面シングル『長く短い祭/神様、仏様』8月5日発売!!

両A面ともブラスアレンジと演奏を担当させていただいてます!どちらもカッコいいです!


http://sp.universal-music.co.jp/ringo/sg150805/





posted by YM at 00:29| 東京 ☔| 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月31日

5月さいごの日

今日で5月もお終い。6月中旬にあるレコーディングの為のアレンジがここ数日でサクサク進み、明日で宿題が終わりそう。
ここ数日間でホーンセクションもの1曲、ブラスバンドもの2曲半書けたので、そこそこ良いペースでしょう。内容もクライアントと密な打ち合わせをしながら書いたのでおそらく。ちゃんとファーカスされた内容になっていると思います。
書いているといろんなアイディアが湧いてきて楽しいです。

その場で思いついたフレーズをただ書きなぐったものであれば、それはただの落書きになってしまう可能性が高くなります。
自分の書いたものをきちんと熟考し、検証して整合性の高い作品にするのが、20年前くらいからの自分の心情です。曲の同じシーンにおいても、いくつかのアイディアを出して、その中で最もフィットするものを選択するという作業です。同じシーンでも見る角度を変えるといろんな可能性が見えてきます。(渡辺貞夫さんのビッグバンドの編曲を担当した時に貞夫さんから学んだことです。)

なので作業量は思いついたものをパパッと書くよりも遥かに多いのですが、その作業自体が僕にとってはとても楽しくて、いろんな意味での気分転換になるので苦は全くありません。というより
脳内モルヒネが分泌されているような状態かもしれません。

演奏も編曲も垂れ流しではなく、それ自身にちゃんと意味があることが大切だと思います。

全く話は変わりますが、ここ最近、全国各地で頻発している地震が気になります。




posted by YM at 23:07| 東京 ☀| 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする